ブログblog

プールの水が耳に入って中耳炎になる噂について

プール 中耳炎

プールの季節になると「プールに入ると中耳炎になりやすくなる」という噂を耳にすることがあります。

実際、スイミングスクールや学校のプールへ行くと、何人かは中耳炎を起こす子供がいるので、そんなふうに思われやすいのかもしれませんね。

そこでこの記事ではプールと中耳炎の関係について解説します。プールの水が耳に入ると中耳炎になるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひお読みください。

プールの水が耳に入っても鼓膜の内側(中耳)までは入らない

泳いだりもぐったりしたときにプールの水が耳の中に入り、そのせいで中耳炎になると思っている方もいるようですが、その心配はありません。耳の奥には鼓膜があり、普通はその鼓膜によって外耳と中耳が閉じています。

中耳という部分は鼓膜の内側にあるので、外耳に水が入ったからといって、その水が中耳にまで入り込むことはありません。

ですからプールの水の雑菌が耳の奥に入ったために、中耳炎を起こすということはありません。ではプールの水と中耳炎がまったく無関係かというと、実はそうとも言えない場合があるのです。

それは鼻や喉が炎症を起こしてしまったときです。

中耳炎の細菌は耳の外からではなく鼻から入る

中耳炎は細菌が中耳に入って炎症を起こし、そこに膿がたまる病気ですが、多くの場合、その細菌は耳管という管を通って鼻や喉からやってきます。

鼻の奥と耳はつながっているので、風邪などがきっかけで鼻水が増えると、その鼻水の菌が中耳に入って中耳炎を起こすことがあります。

抵抗力が落ちている時や、プールの水の雑菌や塩素系消毒薬が繰り返し鼻の中に入ってきた場合に炎症をおこすことがあります。

プールの水が原因で中耳炎になるとしたら、それは耳から入るせいではなく鼻から入ることで起きるのですね。

ひどい中耳炎が治りきっていない場合はプールに入らない

中耳炎

中耳炎がひどくなると、中耳に溜まった膿のせいで中耳が膨らみ、鼓膜に穴があくことがあります。

また治療のために鼓膜切開と言って鼓膜に穴を開けて膿を外に出すこともあります。

そのような状態でプールに入ってしまうと、プールの水が鼓膜を通って直接中耳に入ってしまうことがあります。

ひどい中耳炎が治りきっていないときは、症状が悪化する可能性があるためプールに入るのは控えましょう。耳鼻科の医師の指示に従って、許可が出るまではプールをお休みするのが原則です。

耳の痛みや発熱が見られたら早めに耳鼻科へ

以上、プールと中耳炎の関係についてご紹介しました。

子どもは耳管が未発達のために鼻から耳へ菌が入りやすく、大人よりも中耳炎になりやすいと言われています。

耳の痛みや熱といった中耳炎の初期症状が見られたら、一度耳鼻科で確認してもらうといいでしょう。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム