ブログblog

いびきで悩む女性必見!すぐに実践できる対策方法を5つ紹介

いびき 女性

いびきは男性特有の症状というイメージがあるかもしれませんが、実は女性でもいびきに悩む方は多くいらっしゃいます。

そもそもいびきは、空気の通り道である「上気道」と呼ばれる部分が何らかの原因により狭くなることで起きます。上気道が狭まる原因としては以下のことが考えられるでしょう。

  • 女性ホルモンの減少
  • ストレス
  • 睡眠時の口呼吸
  • 仰向けでの睡眠
  • アルコールの過剰摂取
  • 肥満体型である
  • 顎が小さい

今回は、このような要因を引き起こさないようにする対策法を5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1.健康的な食事と運動で女性ホルモンの働きを補う

女性ホルモンには喉の筋肉の働きを活性化する作用があります。しかし、年とともに女性ホルモンの分泌量は減少し、増やすこともできません。

そのため、

  • 女性ホルモンの減少を緩やかにする
  • 女性ホルモンに似た働きの成分で補う

ことが大切になります。

具体的には以下のようなことを心がけるようにしましょう。

  • バランスのいい食事と良質な睡眠をとる
  • 体を冷やさない
  • 積極的に運動する

また、常に新しいことに挑戦するとよりいいでしょう。ドキドキやワクワクを感じるとドーパミンが分泌され、体にいい影響をもたらしてくれます。

2.ストレスを溜めないことで口呼吸を防ぐ

ストレスや疲れが蓄積すると、脳が通常より多くの酸素を必要とするようになります。そのため睡眠時に口呼吸の割合が増えて酸素をたくさん取り込もうとしてしまうのです。

しかし、冒頭でも述べたとおり口呼吸はいびきの原因となります。日頃からストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。

3.市販のグッズを用いて口呼吸から鼻呼吸へ変える

口呼吸をすると舌が落ち込みやすくなり、いびきの原因となります。睡眠時に口呼吸になっている場合には、意識的に鼻呼吸を行うか、市販の専用テープなどで口を塞ぎ対処するのもいいかもしれません。

4.横向きに眠って気道の圧迫を防ぐ

横向きに眠ることで気道の圧迫を防げます。どうしても仰向けに戻ってしまう場合などは、抱きまくらなどを使用すると効果が見られる場合があります。

5.アルコールを控える

アルコールを摂取すると喉の筋肉が緩み、舌が落ち込みやすくなって気道が狭くなります。そのため、アルコールを控えるといびきの改善が見込めるのです。それだけでなく、肥満を予防したり質のいい睡眠に導く効果も期待できるでしょう。

日頃の意識でいびきは改善できる

いびきの原因には骨格などの先天的な原因ももちろんありますが、生活習慣や癖も大きく関わってきます。

女性は本来男性よりもいびきをかきにくい体質ですが、現代では働く女性も多くストレスに晒される機会も増えたため、いびきに悩む方が増えています。できる対策から少しずつ行ってみましょう。

それでもなかなか改善が見られない場合は、他の原因が潜んでいるかもしれません。耳鼻咽喉科を一度受診してみましょう。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム