ブログblog

副鼻腔炎を引き起こす炎症の原因BEST3

副鼻腔炎

副鼻腔が炎症を起こす副鼻腔炎。発症すると、炎症による痛み、圧痛、鼻づまり、鼻呼吸の阻害などの症状が現れます。

今回は、副鼻腔炎の主な原因とその対処法について解説します。

副鼻腔炎の主な原因は3つ

副鼻腔炎の主な原因は、ウィルス感染、アレルギー、鼻中隔弯曲症の3つ。

それぞれの原因を詳しく掘り下げてみましょう。

1.風邪などのウィルス感染

風邪などのウィルスに感染すると、鼻の穴の粘膜が炎症を起こします。感染がひどくなければ自然に治癒することもありますが、場合に寄っては炎症がさらに奥まで広がり、副鼻腔炎になってしまうことも。

特に感染が長引いた場合は、粘膜が膿みを排出しにくくなり、炎症がおさまらず慢性的な副鼻腔炎に繋がってしまいます。

副鼻腔炎にならないためには、きちんと病院で診察を受けて、治療に取り組むことが大切です。風邪らしき症状がでたら、たかが風邪と油断せずに早めに病院に行きましょう。

2.花粉やハウスダストのアレルギー

花粉やハウスダストによって引き起こされるアレルギーも、鼻の穴の粘膜に炎症を起こすことがあります。

スギやヒノキの花粉、寝具やソファーのダニ、黒かび、ペットの抜け毛などを吸い込むことでアレルギー症状が出て、ひどい場合は、副鼻腔にまで炎症が広がります。

アレルギー症状からの副鼻腔炎を予防するためには、アレルギーの原因となる物質を吸いこまないようにすることがポイントです。

屋外では花粉を遮断できるマスクを着用したり、家庭内のダニやカビをこまめに掃除したりして、できるだけアレルギー症状をおさえるようにしましょう。

3. 鼻中隔弯曲症

左右の鼻の穴を隔てている仕切りの部分を鼻中隔と呼び、この鼻中隔が極端に曲がっている症状を鼻中隔弯曲症といいます。大人であれば鼻中隔が多少曲がっているのは珍しくありません。

しかし曲がり具合が大きくなりすぎていると鼻がつまりやすくなるため、鼻の粘膜の炎症がひどくなり、副鼻腔炎を引き起こす原因となります。

鼻中隔弯曲症は、手術で鼻の軟骨をまっすぐにすることによって改善できます。左右どちらかの鼻の穴がいつもつまっている、といった症状に悩まされている方は、一度病院で相談してみると良いでしょう。

副鼻腔炎にならないように、炎症の原因には早めの対処を

副鼻腔炎を引き起こす炎症の主な原因は、風邪などのウィルス感染、花粉やハウスダストのアレルギー、鼻中隔弯曲症の3つです。他にはカビや虫歯などでおこる副鼻腔炎や好酸球性副鼻腔炎といって難治性のものもあります。

鼻の穴の炎症が副鼻腔炎にまで悪化しないように、原因となる症状があらわれたときには早めに病院にかかるようにしましょう。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム