ブログblog

初期治療が有効!花粉の種類ごとに時期を把握し、早めの治療を。

花粉

毎年多くの人が悩まされる辛い花粉症。でも花粉症は春だけのものと思っていませんか?

実は花粉症の症状を起こす植物はスギやヒノキ以外にもたくさんあります。また飛散時期も地域によって差があります。

辛い症状を少しでも軽くするには、初期治療が有効。花粉の飛散時期を知って、しっかり予防しましょう。

アレルギー症状を起こす代表的な花粉を5つ紹介

花粉症と聞くとスギやヒノキを連想する人が多いと思いますが、北海道ではシラカンバが有名。また秋にアレルギー症状が起きやすい人は、ブタクサなどの花粉に対してアレルギーがあるのかもしれません。

このように地域や季節によって、さまざまな花粉が私たちのアレルギー症状の原因となっています。一年中と言ってもいいほどに花粉が飛んでいるので、今や花粉症は通年病とも言われています。

以下に花粉の種類ごとに飛散時期や特徴を解説します。

スギ:2月〜4月、ヒノキ:3月〜5月

まず最も有名なスギとヒノキですが、スギは2月から4月にかけて、ヒノキは少し遅れて3月から5月くらいに飛散します。どちらも飛散距離が長いので、日本全国広い範囲で花粉症を引き起こします。

スギとヒノキの両方のアレルギーを持っている人も多く、その場合症状が重症化しやすく症状も長引きます。

シラカンバ:4月〜6月

北海道には花粉症がないと言われてきましたが、それはもう過去の話。シラカンバによる花粉症患者は年々増加傾向にあり、鼻水や目のかゆみ、くしゃみに悩む人が増えています。りんごなどある種の果物を食べると口の中がかゆくなる、口腔アレルギーを引き起こすという場合もあります。

イネ花粉:5月〜6月

イネ花粉の飛散時期は5月から6月でありながら、秋の収穫の時期に症状が起きる場合もあります。鼻や目の症状の他、小麦の食物アレルギーを発症する可能性があるので注意が必要です。

ブタクサ:8月〜10月

秋の花粉で有名なのがブタクサです。飛散時期は8月から10月で、スギ、ヒノキに次いで患者数が多い花粉です。ただし飛散距離が短いので、近づかなければ症状もおきません。鼻や目の症状の他、喘息の原因にもなるため、ブタクサのある公園などには近づかないのが無難です。

早めの治療、花粉症対策が症状を軽くするカギ

ここでご紹介した以外にも、たくさんの花粉が年間を通して飛んでいる日本。アレルギーの元となる花粉の飛散時期をしっかりと把握して、早めの治療、対策を始めることが症状を軽くするカギになります。

具体的には、症状が出始める1週間くらい前から薬を飲み始めると、症状が出るのを遅らせ、最盛期の症状を軽くする効果があるとされています。

また、同時に家の中に花粉が入らないように注意したり、アレルギー症状の緩和に役立つと考えられている食品も効果があるかもしれません。

花粉症はいつ発症するかも、重症化するかもわかりませんので、すでに症状が出ている人もいない人も、シーズンがくる前から早めの対策を行って、少しでも辛い症状を緩和できるようにしたいですね。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム