ブログblog

蓄膿症の症状は粘り気の強い黄色・白色の鼻水…合併症のリスクに注意

蓄膿症

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)は、鼻腔(鼻の穴から奥に入ったところ)に隣接した空洞「副鼻腔」に炎症が起こる病気です。

蓄膿症になってしまった場合はどんな症状が出るのか、そして蓄膿症を放置するとどうなってしまうのか、こちらで解説します。

蓄膿症の代表的な症状は「粘り気の強い鼻水」

蓄膿症の代表的な症状として挙げられるのは「粘り気の強い鼻水が出る」というものです。

アレルギー性鼻炎の水っぽい鼻水とは対照的に、蓄膿症の鼻水は黄色あるいは白色っぽいドロっとしたものになります。さらに症状が進行すると、緑色っぽい鼻水が出ることも。

また、蓄膿症の鼻水は「喉のほうに流れやすい」という特徴もあります。これも、「鼻の穴から垂れて、鼻の外に出てくる」というケースが多いアレルギー性鼻炎の鼻水とは対照的です。

ほかにも、蓄膿症によくある症状として以下のようなものが挙げられます。

  • 鼻が常に詰まっている、鼻の穴が狭くなったような感じがして息苦しい
  • 鼻をかんでも、スッキリとかみきれない
  • 鼻の奥や鼻水から嫌な臭いがする
  • 頭痛や、頭が重くてボーッとしてしまうことが多い
  • 鼻の周りが痛い
  • 目の周りが痛い
  • 虫歯でもないのに歯が痛い気がする
  • 顔を動かすと、頬の奥の部分に痛みを感じる

もちろん、これらの症状が出ても「蓄膿症である」と断定できるわけではありません。とはいえ「ドロッとした鼻水+ほかの症状もある」という場合は蓄膿症の可能性が比較的高いと思われますので、早めに医師の診断を受けてください。

蓄膿症の放置は危険!中耳炎や視力障害などの合併症に注意

蓄膿症 合併症

蓄膿症を放置し続けると、危険な合併症を発症するリスクが出てきます。

蓄膿症は、上でも説明したとおり副鼻腔に炎症や膿の溜まりが起こる病気です。この副鼻腔は目や耳、そして脳に近い部分に存在します。

だからこそ蓄膿症を放置すると、

  • 副鼻腔の膿の溜まりによって目や脳に炎症がおきる
  • 副鼻腔の炎症が耳にいく
  • 炎症を引き起こす細菌がほかにも回ってしまう

というリスクを生み出すことにもつながってしまうのです。

蓄膿症が原因となって引き起こされる合併症としては、中耳炎や視力障害、複視などが挙げられます。最悪の場合、脳膿瘍や髄膜炎などを引き起こしてしまうケースも。

現時点で合併症が出ていなくても、蓄膿症の不快な症状を感じながら生活することは大きなストレスになってしまいます。それに「いつか引き起こしてしまうかもしれない合併症」のリスクを長期間抱え続けるのは、決していい状況ではありません。

蓄膿症は、重症化していなければ投薬と通院による処置のみで治療できる可能性も大いにあります。なるべく早めに医師の治療を受けることをおすすめします。

蓄膿症のサインに気づいたら早めに診療を

蓄膿症は鼻水の粘度と流れ方に特徴があり、さらに「鼻水が臭い」「鼻の奥やその周囲に圧迫感や痛みを感じる」などといった自覚症状が出ることもあります。

そうしたサインに気づいたら医師に診てもらい、蓄膿症であった場合はすぐに治療を開始しましょう。蓄膿症には恐ろしい合併症のリスクも潜んでいます。「たかが鼻詰まり」とあなどらず、早めに対策してくださいね。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム