アレルギー性鼻炎についてallergic-rhinitis

かわもと耳鼻咽喉科のアレルギー性鼻炎治療

point1
いびきとは

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、アレルギーを引き起こす物質である「アレルゲン」が鼻に入ることで症状がでます。
体には異物を排除するための免疫システムがありますが、この「アレルゲン」を排除する反応がアレルギー性鼻炎で、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状がでるために生活に支障がでてしまいます。
場合によっては目のかゆみ、咳、睡眠不足、倦怠感を伴うことがあります。

花粉症の現状

戦後に植林されたスギが成長し、大量に花粉を飛散することで花粉症の患者が多くなりました。
スギ花粉の患者は多くなっていますが、ダニ・ハウスダストのアレルギー患者も多くなってきており、アレルギー性鼻炎の食生活の変化や環境因子も関係しているといわれています。

> 林野庁のホームページはこちら

point2
アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の原因

アレルゲンの種類には、花粉症に代表されるようなスギやヒノキの花粉、そして吸いこむことで生じるハウスダストやダニなどが代表として挙げられます。これらのアレルゲンが空気中に漂い、鼻に入ることで症状がでます。
アレルゲンが皮膚や鼻の粘膜から体内に入り込むと、まずはアレルゲンを排除しようとする抗体が作られます。この状態を感作と呼び、アレルギー反応をおこす準備が整います。
次にアレルゲンが体内に入ってくると、そのアレルゲンに対する抗体が肥満細胞とくっつき、ヒスタミンや化学伝達物質と呼ばれるアレルギー症状を引き起こす様々な物質が放出され、症状がでます。症状をさらに増悪させる因子として、ストレスや不規則な生活、高脂肪食といった食生活、喫煙、そしてディーゼルなどの排気ガスやPM2.5などが挙げられます。
アレルギーの発症はこのような環境の因子が関係していますが、遺伝的な要素も関与しているといわれています。両親のいづれかにアレルギー性鼻炎があると、子供はアレルギーになりやすいことがわかっています。

point3
アレルギー性鼻炎の種類

アレルギー性鼻炎の種類

  • 通年性
    代表的なものは「ハウスダスト」です。その他には「ダニ」、「イヌ」、「ネコ」や「カビ」などがあります。
  • 季節性
    それぞれの季節に飛散する花粉が原因になります。いわゆる花粉症と呼ばれるものです。
    最も多いのが「スギ」ですが、最近は「ヒノキ」や「カモガヤ」のアレルギーの患者さんが増えてきています。地域によっては樹木である「シラカンバ」や「ハンノキ」に対するアレルギーを獲得する患者さんもいらっしゃいます。
    「シラカンバ」のアレルゲンは果物のアレルゲンと似ているためにモモ、リンゴ、キウイなどの果物で口か腫れる、かゆくなるという症状(口腔アレルギー症候群)がでることがあります。
point4
アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状

発作的におこるくしゃみ、水っぱな、鼻づまりが3主徴と呼ばれます。花粉症では目のかゆみや咳、湿疹、倦怠感、微熱を引き起こすこともあります。
夜間は自律神経の中でも副交感神経優位となるために、鼻炎の症状が強くなり、睡眠障害から日中の眠気を引き起こしてしまうことがあります。

  • 鼻閉
    ヒスタミンや、ロイコトリエンといわれる化学伝達物質が血管を拡張させ、血漿が組織中にでてきて浮腫をおこして鼻粘膜は腫れ、鼻づまりがおきます。
  • 鼻汁
    ヒスタミンなどの化学伝達物質が鼻粘膜の神経を刺激すると神経反射がおこり、鼻粘膜にある鼻汁を分泌するする細胞に働きかけて分泌物がでます。
  • くしゃみ
    ヒスタミンなどの成分が鼻粘膜にある神経を刺激してアレルゲンを排出しようとする呼吸反射です。
point5
アレルギー性鼻炎の検査・診断

アレルギー性鼻炎の検査・診断

  • 問診
    いつ、どんな症状がでるのかを尋ねます。血縁者のアレルギー疾患の有無や居住地域、自宅の環境、治療歴も診断をするためにはとても重要です。
  • 観察
    鼻の中を直接みて診断をします。急性期は鼻の粘膜はやや発赤していますが、時間が経つと浮腫をきたし、白っぽい粘膜に変化していきます。また、粘膜の腫れ具合で鼻の中の重症度を判定することもできます。
  • 鼻汁好酸球検査
    アレルギー反応を起こすと鼻水の中に好酸球という細胞が増えてきます。綿棒で鼻水をとり、プレパラートに塗って顕微鏡で細胞を観察して検査します。
  • 血液検査
    血液中にある、アレルゲンに対する抗体(IgE)を測定します。すべてのIgEを測定したものを非特異的IgE検査、個々のIgEを測定したものを特異的IgE検査といいます。現在、血液検査では下記の検査があります。
    1. イムノキャップラピッド
      特にお子様など採血が困難な場合に行います。指先からの数滴の血液で8項目の測定を行うことができます。
    2. 特異的IgE検査
      2mlほどの血液採取が必要です。測定できる特異的IgEの種類はたくさんありますが、保険診療上は13項目までしか測定できません。通常は13項目は測定せず、アレルゲンの可能性のあるものを選択して検査をします。
    3. View39
      39項目の特異的IgEがセットになっている検査で、上記の特異的IgE検査の13項目と同じ費用(約5000円)で検査をうけることが可能です。
    4. 重症度分類
      症状や鼻の中の状態をみて重症度を判定します。重症度の判定は、「鼻アレルギー診療ガイドライン」にあり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状の組み合わせで決まります。この重症度を正確に捉えることが治療方針に結びつくため、とても重要になります。
point6

アレルギー性鼻炎の重症度分類

4+ 3+ 2+ 1+
くしゃみ 21回以上 20~11回 10~6回 5~1回 なし
鼻汁 21回以上 20~11回 10~6回 5~1回 なし
鼻閉 1日中完全につまる 口呼吸がかなりある ときどき口呼吸 口呼吸はないが鼻閉 なし
程度および重症度
くしゃみ発作または鼻汁
4+ 3+ 2+ 1+
鼻閉 4+ 最重症 最重症 最重症 最重症 最重症
3+ 最重症 重症 重症 重症 重症
2+ 最重症 重症 中等症 中等症 中等症
1+ 最重症 重症 中等症 軽症 軽症
最重症 重症 中等症 軽症 無症状

(出典:2016年版、鼻アレルギー診療ガイドライン、ライフ・サイエンス)

アレルギー性鼻炎の検査・診断

アレルギー性鼻炎の治療

  • 予防・回避
    まずはアレルゲンが体内に入らないように努力することがとても重要です。ハウスダストやダニのアレルギーがあれば、じゅうたんや畳を避ける、きちんとした掃除、寝具の掃除機かけ、規則正しい生活習慣を保つことなどが大事です。
    また、花粉症であればマスクはもちろんのこと、髪の毛につかないように帽子をかぶったり、めがねをかけたり、花粉のつきにくい服を選ぶなどが大事になります
  • 薬物治療
    アレルゲンの除去と回避は限界があり、その次は薬物治療が必要になります。
    アレルギーの薬はこちらから >>>
  • 特異的免疫治療
    アレルギーをひきおこすアレルゲンを少量ずつ体内に取り込むことで、アレルギー反応がおきない体にすることができます。
    薬物治療はいわゆる対処療法ですが、免疫療法は唯一長期寛解を得ることができる可能性のある治療方法です。
    欠点としては、3年程度継続して治療する必要があること、無効な場合があること、アナフィラキシーなどの重篤な副作用の可能性があることです。
    皮下注射による治療が主体でしたが、最近は舌下免疫療法が保険適応となり、重篤な合併症をきたす可能性が低くなり、徐々に普及してきています。
  • 手術治療
    薬物治療をしても効果の薄い場合は手術治療の適応になることがあります。
    アレルギーは体質的な反応なため、手術をしたから「治る」わけではありません。
    アレルギー反応のおきにくい鼻に変化をさせる、もしくはアレルギー反応がおきても、症状を軽くすることができる治療になります。
    現在ではアレルギー性鼻炎の手術治療には次の3つに大きく分類されます。
    それぞれ、メリットとデメリットがあり、症状に合わせて専門医と相談して手術治療が適応かを決めていきます。
    1. 粘膜の変性を目的とした手術
    2. 鼻腔の通気度を改善させる手術
    3. 鼻汁の改善を目的とした手術
    【これらの詳細は、「ブログ」をご覧ください】
    手術療法とメリット・デメリット
    アレルギー性鼻炎の手術療法
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム