学会情報・治療成績academic

学会について

学会とはどんなところなのか?
ひとつの分野、内容について有志が集まり、定期的に議論する場が研究会で、大きくなって財団法人主導になると学会となります。
学会では何をするのか?
現在取り組んでいる研究成果や、こういった治療をしたらよかった、こういった症例を経験した、といった内容を全国から医師が集まって発表します。 その発表に対して集まった医師が議論を交わします。発表の際はその分野に精通している医師(教授クラスの医師が多い)が司会役(座長)となり、議論を進行させます。 議論の中から新たな問題点、疑問点がみつかり、次のステップへ向けて医療が進歩していきます。
学会に参加する目的とは?
医療は日々進歩しています。患者さんに最新の医療を提供するためには医療者は勉強し、新しい知見を得る努力をする必要があります。本や医療雑誌を読み、講演会に参加することで勉強できますが、最新の知見を得ることができるのが学会です。
他の医師の経験を基に自分が経験したことがない疾患、知らない疾患、そして新しい治療方法を学会で勉強できるのです。
研究発表とは、どのようなものか?
研究には大きくわけて2つあります。1つは基礎研究、もう1つは臨床研究とよばれます。
基礎研究とは細胞をつかったり、動物実験を用いたりして得られる研究です。臨床研究とは複数の患者さんから一つの問題点を抽出して得られる研究です。例えば、この抗アレルギー薬では花粉症の時期は患者さんの症状はこうだった、とか、このような手術による結果はこうだった、等です。

その他

倫理委員会設置

当院では、最適な治療を患者さんに提供するために病気の特性を研究し、診断法、治療法の改善に努めています。このような診断や治療の改善の試みを一般に「臨床研究」といいます。臨床研究をおこなうに当たっては、「倫理委員会」で弁護士、一般の方、医療従事者が参加してひとつひとつの案件を倫理的に問題がないかを検討します。

当院では2018年7月に倫理委員会を設置しました。現在私ができうるベストな治療を提供するよう努力していますが、医療は進歩しています。患者さんにとって、さらによりよい医療を提供すべく、日々考え、研究していきたいと思っています。また、臨床研究の結果はホームページで公開していきたいと思います。

             

承認案件#1 鼻中隔手術が外鼻に与える影響についての検討  期間 2018/07~2023/06              

場所:かわもと耳鼻咽喉科クリニック、責任者:河本光平

             

承認案件#2 鼻副鼻腔術後のパッキングが夜間の血圧・動脈血酸素飽和度に与える影響についての検討  期間 2018/07~2023/06              

場所:かわもと耳鼻咽喉科クリニック、責任者:河本光平

             

承認案件#3 鼻副鼻腔術後のパッキングにナステント®を併用する効果についての検討  期間 2018/07~2023/06              

場所:かわもと耳鼻咽喉科クリニック、責任者:河本光平

             

承認案件#4 嗅覚障害に対するリンデロン懸濁液局所留置法の効果と副作用の検討  期間 2018/07~2023/06              

場所:川村耳鼻咽喉科クリニック、責任者:川村繁樹

治療成績

鼻や耳の手術は機能を回復させる手術です。私どもは手術を受けられる方すべての患者様の機能を改善すべく日々努力していますが、なかなか100%というわけにはいきません。

今後も改善できる点を検討し、そして今後手術を受けようと考えている患者様へフィードバックするために、手術はやりっぱなしにせず、術後一定の期間(2~3ヶ月)が経過した時点で、アンケートによって症状の改善度をお尋ねして、治療成績をとるようにしています。詳細は「患者様の声」をご参照下さい。

皆様の病状は多様なため、多数のデーターが必要となりますので、できれば数年に一度データーを解析してUPしていきたいと思います。また、当院で行った手術症例数も併せて報告いたしますので、今後手術をお考えの方は是非ご参考ください。

集計期間:2016年2月〜2018年8月
症例数455のうち、集計可能なアンケート150症例

当院で行った局所麻酔下における術中の痛みについてのアンケート調査です。「全く痛くなかった」とお答えになった患者さんは78人/150人の52%、「やや痛みがある」が62/150人の41%であり、合計すると93%の患者さんはあまり痛みを感じていなかったことがわかります。残りの7%の患者さんは痛みが強かったとのことになりますが、病態のとても悪かった方や特殊な症例であったように思います。今後は痛みを感じるような症例を事前にキャッチして、そういった症例は全身麻酔で行うように患者さんに薦めることができればと思います。

当院では手術を受けるすべての患者さんに鎮静をかけるようにしています。感覚器をさわる手術はとても不快と考えており、鎮静もいろいろと工夫はしていますが、もともと鎮静には個人差が大きいといわれており、アンケートの結果をみてみても、やはり個人差がとてもあるように思いました。何も覚えておらず、痛みもなく、局所麻酔下に日帰りで行えるのが患者さんに最もよいと思っていますが、アンケート結果からみると約20%の患者さんは手術中のことを「寝ていて全く覚えていない」とお答えになっています。また、「寝ていて少し覚えている」とお答えになった患者さんは37%で、あわせて59%の患者さんはよい鎮静であったと思われます。一方、約20%の患者さんは全く普通の状態と回答されており、こういった鎮静のかかりにくい患者さんを事前に、もしくは術中に察知して改善できればよいと考えています。

術後にいつごろ社会復帰をしましたかという質問にお答えいただきました。患者さんの社会背景はいろいろで、自営業で力仕事を使わない方もいますし、引っ越し業者や消防士のように力をつかう仕事の方もいます。そのため社会復帰の時期は様々で翌日から2週間後ぐらいまでばらつきがあります。平均すると4.2日で、これは以前に出した統計とほぼ同じ日数でした。今後手術を受ける予定にされている患者さんにフィードバックしたいと思いますし、是非参考にしていただければよいデーターだと思います。

治療成績を出してみました。鼻閉、鼻汁、くしゃみ、嗅覚障害の4つの症状に対して、それぞれ1:問題はない、2:少しある、3:よくある、4:生活に支障があるの4段階評価をしていただきました。手術前と手術後にどうなったかを回答していただき、前後で1以上の改善があれば「改善」、2以上の改善があれば「著明改善」、変化なければ「不変」、増悪していれば「増悪」としました。どの症状も改善と著明改善をあわせると94%以上の患者さんが症状が改善されていました。当院では鼻中隔湾曲症や下鼻甲介手術の割合が多かったために鼻閉に対する改善率がとても良いという結果でした。神経反射でおこるくしゃみは、なかなか手術で著明改善に導くことは困難であることがわかります。また、通常7~8割程度の改善率といわれている嗅覚障害も改善率は良い結果となっていました。今後は不変や増悪例をどのようにしていくのかが検討課題です。

手術は局所麻酔、全身麻酔のどちらかで行われます。今回の調査では局所麻酔で日帰りで行なった患者さんへのアンケートであり、バイアスがかかっていますが、調査では局所麻酔の日帰りでよかったと回答した患者さんは88%でした。また、局所麻酔下に1泊2日をご希望された患者さんをいれるとなんと99%の患者さんが局所麻酔の手術でよかったと回答されました。麻酔方法の慣れや鎮静の工夫以外にも、手術前に患者さんにしっかり情報提供をし、術後も安心できるような体制をとっていることがこのような結果になったと考えられました。1泊2日をご希望された患者さんは遠方であったり、術後の鼻の不快感が強かったり、また鎮静剤の影響で体がしんどかったりといった患者さんでした。局所麻酔の手術をご心配される患者さんが多いですが、この結果をみて参考にしていただければと思います。

手術症例数

当院は2016年2月に開院しました。開院以来日帰り手術が可能な体制を取っており、他院から手術の紹介も頂いております。現在では一ヶ月に約15例の手術をしています。下鼻甲介手術、副鼻腔手術は両側することが多いですが、延べ手術数を示しています。

集計期間 2016年 2017年
鼻中隔矯正術 102 141
下鼻甲介手術 183 245
内視鏡下副鼻腔手術(Ⅰ〜Ⅳ型) 79 132
経鼻腔的翼突管神経切断術 10 26
鼻粘膜焼灼術 108 195
鼓膜形成術 6 6
鼓膜チューブ留置術 5 6
鼓膜切開術 64 61
下口唇嚢胞摘出術 1 0
総症例数 258 316
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム