クリニック紹介clinic

開院の経緯

手術とはまさに医師が直接行う治療であり、手術によって改善の得られる疾患が耳鼻咽喉科疾患にはたくさんあります。大学病院、基幹病院ではそのような耳鼻科・咽喉科の疾患を数多く診察し、手術を行ってきました。
兵庫県尼崎市の「かわもと耳鼻咽喉科クリニック」では、耳鼻科の手術をする中で、できるだけ短時間に、侵襲を少なくするべく工夫を重ね、入院のいらない日帰り手術を目指すようになりました。
特に鼻や耳は感覚器と呼ばれる場所ですが、この部位の障害は直接命に影響はないものの、日常生活の質が非常に低下します。短時間で、これらの症状が劇的に改善させることができるのが手術であり、術後に世界が変わったと喜ぶ患者さんをたくさん見てきました。
今後も耳鼻科の日帰り手術を軸とした短期滞在型手術を続け、兵庫県及び近隣の地域医療に貢献できればと思っています。

医院経営理念・ご挨拶

兵庫県尼崎市 – かわもと耳鼻咽喉科クリニックの特徴

  • 全国でも数少ない、耳鼻科の日帰り手術が受けられるクリニックです
  • 施術の様子をモニターで見ながら、安心して手術を受けていただけます
  • 患者様のプライバシーを最重視し、落ち着いた環境を提供します
  • 全ての医療行為は、患者様の理解と同意が得られた上で診療を行います

診療内容の概要

日帰り手術が出来る耳鼻科「かわもと耳鼻咽喉科クリニック」が行う診療内容をご説明いたします。「アレルギー性鼻炎」「慢性副鼻腔炎」「鼻中隔湾曲症」など、耳鼻科の様々な症状の治療・日帰り手術を行っています。

難聴
聞こえが悪くなることを難聴といいますが、難聴にもいろいろな種類があります。

大きくは音の伝達する部位の障害である伝音性難聴と、神経の障害でおこる感音性難聴の二つにわかれます。耳垢や中耳炎は伝音性難聴になり、適切な治療で難聴を治すことができます。感音性難聴の代表は加齢性難聴ですが、これは現在の医療では補聴器や人工内耳といった手術が適応となります。

また、原因が不明といわれている突発性難聴は早期に治療を開始すると治る可能性のある疾患です。

非常にまれな疾患として聴神経腫瘍、蝸牛型メニエル、特発性外リンパ瘻なども感音性難聴をきたします。

このように難聴といっても様々な疾患で生じますので、適切な診断が必要になります。
耳鳴り
耳鳴りの原因も様々で、治る耳鳴りと治らない耳鳴りがあります。

突発性難聴など、急に難聴になって生じる耳鳴りは難聴が回復することで治ることがほとんどです。

一方、加齢性難聴に伴う 耳鳴りは完治することはできないため、緩和させる治療が主体となります。現在では音を聞いて耳鳴りをやわらげる音治療(TRT)が一般的な治療とされています。

他には漢方や循環改善剤が補助薬として使用されることもありますが、あくまでも補助治療となります。
めまい
いろいろな疾患からめまいは生じます。

大きく分類すると脳が原因である中枢性めまいと、耳が主体の末梢性めまい、そして循環器系のめまいです。

中でも耳から生じるめまいが割合では多くみられます。めまいのおこりかた、発症したときの状態などを教えていただくことがめまいの診断にはとても重要になります。

めまいの問診の後にめまいに特有の目の動き(眼振)の確認をし、疾患の推測をしていきます。

また、内耳にはめまいをコントロールしている前庭神経と聞こえの蝸牛神経があるため、聞こえの検査もめまいの疾患の鑑別には重要となります。

その他に血圧の変動を測定したり、足踏みテストをしたりすることもあります。

治療の主体は薬となります。

平衡感覚は最終的に脳でコントロールしているため、代償機能が働いてめまいは必ずやわらいでいきます。

しかしながらふらふらするような浮遊感が持続する場合はめまいのリハビリが有効とされています。
中耳炎
中耳炎には、いろいろな種類があります。

中耳に浸出液のたまる滲出性中耳炎、細菌やウィルス感染でおこる急性中耳炎、鼓膜が陥凹して癒着する癒着性中耳炎、鼓膜が陥凹して耳垢がたまり、骨が溶ける真珠腫性中耳炎、そして鼓膜に穴があき(鼓膜穿孔)耳漏がでる慢性中耳炎があります。それぞれ治療法は異なるため、的確な診断が必要となります。

特にお子様に多いのは急性中耳炎、滲出性中耳炎で、適切な投薬、処置が必要です。
アレルギー性鼻炎
アレルギーとは、体にとって異物と認識してしまった特定のもの(抗原)に対して、排除するために反応してしまうことをいいます。

体質が関係しており、ある程度は遺伝も影響します。

鼻は外界と曝露する機会が多く、アレルギーを獲得してしまうと反応しやすい場所になります。アレルギー性鼻炎は鼻の症状が主にでますが、下気道(気管支・肺)にも炎症をきたすことがわかっています。

よって、喘息のコントロールにはアレルギー性鼻炎のコントロールも重要になります。

治療の第一は抗原の探索からはじまります。抗原からの曝露を減らすこと、例えばダニに対して反応しているならダニが体に入らないように日常生活を送ることが第一になります。

その上で症状がでるなら、治療方法は大きく3つに分けられます。

ひとつは免疫療法(減感作療法)です。これは体にとって異物と認識してしまった抗原を異物と認識しないようにする治療です。

徐々に抗原を体に投与することで、体がアレルギー反応をおこさないようにしていく、いわゆる毒をもって毒を制す、という治療になります。完全にアレルギーから解放される可能性のある唯一の治療ですが、時間がかかること、アナフィラキシー(ショック)の可能性があることから特定の医療機関でしか行っていません(当院では今はおこなっていません)。

もう一つは薬物治療になります。ほぼ大半の方は薬物治療で経過をみていることだろうと思います。

薬物にも種類があり、組み合わせて治療することが有効であるとガイドラインでは示されています。最後に外科治療です。鼻の粘膜を焼灼(焼く)して変性させる治療(鼻粘膜焼灼術)、鼻の骨格を変化させる治療、神経を切断する治療がありますが、年齢、症状、鼻の形で治療方法が異なります。

当院では外科治療も行っていますので、薬物治療をしても症状の思わしくない方、薬から離脱したい方は一度ご相談下さい。
花粉症
アレルギー性鼻炎のなかでも花粉に反応することを花粉症といいます。

治療は、日本アレルギー学会からでているガイドラインに沿って薬物投与をすることがほとんどです。

症状が始まる直前から治療を開始すること(初期治療)で飛散ピーク時の症状を抑えやすくなることがわかっており、花粉症と診断がついていて、毎年お困りの方には初期治療が有効です。

また、鼻の中にバリア機能をもたせる鼻粘膜焼灼術も非常に有効な手段です。

鼻粘膜焼灼術は特に鼻づまりには大変有効性の高い治療です。

当院では鼻粘膜焼灼術に加え、神経を凍結させてくしゃみ・鼻汁も抑えやすくするように工夫をしています。
非アレルギー性鼻炎
アレルギーの反応はないのにくしゃみ・鼻汁がでてしまう方がいらっしゃいます。

くしゃみ・鼻汁というのは鼻の知覚神経・分泌神経の神経反射でおこなわれており、この神経反射の不具合のために症状がでます。

温度変化でおこりやすい血管運動性鼻炎、加齢が原因する老人性鼻炎、辛いもの、熱いものを食べてでる味覚性鼻炎、冷気で生じるスキーヤーズノーズ、光刺激で生じる光くしゃみ反射なるものがあります。

薬物ではなかなかコントロールすることが困難です。

場合によっては鼻粘膜焼灼術、凍結術が有効なことがあります。
慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
鼻の中とつながっている空間が顔の骨の中にあり、副鼻腔と呼ばれます。

副鼻腔は上顎洞・前頭洞・篩骨洞・蝶形骨洞とに分けられます。

副鼻腔は鼻の中と交通路があり空気の換気をしていますが、この交通路が塞がると副鼻腔内に炎症がきたします。

膿がたまると顔が重たい、どろどろした鼻がでる、鼻がのどに流れる(後鼻漏)といった症状がでます。

膿がたまることを昔は蓄膿といっていましたが正式には副鼻腔炎といわれます。

副鼻腔炎をおこす原因は様々で、感冒に引き続いて起こる急性副鼻腔炎、交通路が塞がり治りにくい状態になった慢性副鼻腔炎、歯の炎症が波及しておこる歯性上顎洞炎、かび(真菌)が原因でおこる副鼻腔真菌症、好酸球炎症という体質的に鼻にポリープができて生じる好酸球性副鼻腔炎などがあります。いづれもまずは保存的に薬物投与で経過をみます。

保存的加療で治らない場合はそれぞれ手術が適応となります。
いびき・無呼吸
上気道(鼻から喉頭まで)に狭い部位があると、空気が流れるときに粘膜が振動していびきになります。

狭窄がひどくなると閉塞して無呼吸になります。

やわらかく、細いストローは吸うとぺしゃんこになりますが、そのような状態を想像していただくとわかりやすいと思います。

原因はもともと骨格が狭い、肥満、扁桃肥大やアデノイド肥大、鼻づまりによる口呼吸が原因として挙げられます。

無呼吸は検査によって軽症、中等症、重症に分類されますが、重症の無呼吸症候群は放置しておくと寿命が縮むため、積極的な治療の介入が必要です。

治療はまずは原因を検索し、それぞれに適した治療が必要になります。

いづれにしても鼻づまりがある場合は夜間の口呼吸によるいびき・無呼吸が増悪するため、鼻づまりに対する治療が必要になります。

それでもいびきが治らない場合は軟口蓋・口蓋垂といって、いわゆる「のどちんこ」まわりの粘膜を広げたり、固くするような治療をすることもあります。

骨格によるものではスリープスプリントが適応になり、また重症の無呼吸に対してはCPAP(鼻からマスクを通じて空気を送り込むことで気道の狭小化を防ぐ治療)が必要になります。

当院では狭窄部位の診断から、それぞれに適した治療を提供するようにしています。
他クリニックとの違い
ご自身の目で見える医療を提供できるように心がけてます。

日帰り手術を軸とした短期滞在型の手術を積極的に行っています。

待合や診察室はできるだけリラックスできるように、ある意味、病院らしくない作りを目指しています。
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム