慢性中耳炎chronicotitismedia

慢性中耳炎 ・中耳とは 耳は音を聞く器官です。外耳・中耳・内耳にその構造は分かれてます。外耳はみみたぶから鼓膜までを差し、内耳は音を拾う感覚細胞がある蝸牛という場所をいいます。この外耳と内耳の間にあるのが中耳という空間です。中耳は音が伝わるために空気が充満していますが、なんらかの炎症を起こすと中耳炎になります。炎症が慢性化したものを慢性中耳炎と呼びます。 ・原因 急性中耳炎の治療が長引き、感染が長引くと慢性中耳炎に移行することがあります。また、鼓膜を耳かきでついて孔が残った場合などは外から中耳に細菌が入り込みやすくなり、炎症を繰り返してしまうことがあります。 中耳の空気を換気している耳管という場所が鼻の奥にあり、この耳管の機能が弱いと中耳炎をきたすこともあります。 ・症状 炎症によって鼓膜に孔があいてしまい、難聴になります。炎症を繰り返していると中耳にある耳小骨という音を伝達する部位が固くなってしまい、さらに難聴が悪くなっていきます。炎症によって繰り返し耳漏がでてしまい、長期間にわたり中耳の炎症が強い場合は内耳の障害も進行することがあります。 また、強い炎症が起こった場合は頭痛、耳鳴、顔面神経麻痺がおこる場合もあります。 ・治療方法 炎症をコントロールするために抗生剤の投与が必要になります。点耳薬や内服薬で炎症を抑えます。繰り返して耳漏が出る場合や、難聴が続くときには手術が有効です。 ・手術 慢性中耳炎の手術は2つに大きく分かれます。鼓膜の穴のみを修復するのか、鼓膜の奥にある音を伝える骨も手術をするのかで手術方法が変わります。これは、“パッチテスト“といって、鼓膜の穴を紙などで閉鎖してみて聴力が改善するかどうかを見る検査で判定します。鼓膜の穴を紙で塞いでみて聴力が十分に改善するなら鼓膜の穴だけを修復します。紙で塞いでも聴力の改善が思わしくない場合は中耳にある、音を伝える骨も手術する必要があります。 ・・鼓膜形成術 鼓膜の穴(鼓膜穿孔)を閉鎖する手術です。日帰りで手術が可能です。体に対する侵襲が少ないので、高齢の方でも手術をうけることが可能です。パッチテストで聴力の改善が思わしくなくても、繰り返す耳漏を止める目的で鼓膜を閉鎖することもりあります。 手術方法はこちらから、 kawamoto-jibika-daysurgery.com/disease/myringotomy/ ・・鼓室形成術 中耳にある、音を伝える骨である耳小骨を含めた中耳の空間をさわる手術になります。麻酔方法は局所麻酔、全身麻酔が選択できます。また、病態によっては2回にわけて手術をする、段階手術が必要になることがあります。
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム