ブログblog

急性中耳炎と慢性中耳炎の症状の違いとその治療法

一口に中耳炎と言ってもその症状は様々です。中でも急性中耳炎と慢性中耳炎はよく聞く病名ですよね。これらはどのような違いがあるのか、またそれぞれにどんな治療法があるのかをチェックしてみましょう。

小さい子どもが高確率でなりやすい「急性中耳炎」

まずは一般的な急性中耳炎から。急性中耳炎は3歳以下の子供が高確率でなりやすい病気です。早めに治療することで重症化を防ぐことができます。

急性中耳炎の症状は耳の痛み、耳だれ、発熱など

急性中耳炎の症状としては、耳が痛くなる、発熱する、耳だれが出る、耳が聞こえなくなるといったものがあります。
これらの症状を放置しておくと慢性中耳炎に移行する確率も高くなるため、お子様が耳の不調を訴えたら早めに対応してあげましょう。

急性中耳炎の治療は抗生物質が基本

急性中耳炎には様々な治療方法があります。病院で決められていることもありますが、自分の希望する治療法を選ぶこともできますので、事前に確認しておきましょう。

まず行われることが多いのは抗生剤で症状を抑える治療です。鼻水を抑えて、鼻をすすらないようにしていきます。完全に症状がなくなるまで、定期的に通院する必要があります。
次に膿がたまっている、高熱が出ている、痛みがあるといった場合には解熱剤の使用の他、鼓膜を切開して膿を抜く手術をすることもあります。鼓膜切開の適応は中耳炎の重症度によって変わります。

慢性的な炎症で細菌に感染しやすい状態になっている「慢性中耳炎」

慢性中耳炎とは、中耳に慢性的な炎症があり、感染しやすくなっている状態のことです。
鼓膜に孔(穿孔)があいたままになって閉じない状態になり、感染を繰り返します。感染を繰り返すというのが急性中耳炎との違いです。

慢性中耳炎の症状は、耳漏、耳鳴り、難聴など

慢性中耳炎の症状の一つに耳漏があります。何度も症状を繰り返し、抗生剤が効きにくい場合があります。
耳鳴りも慢性中耳炎の症状のひとつです。繰り返し炎症が起こることで耳鳴りが大きくなっていきます。

難聴にもなります。鼓膜に孔があいており、音を十分に拾うことができないためです。感染を繰り返すと中耳の骨の動きが悪くなり、さらに難聴が悪化していきます。
症状が進むと中耳ばかりでなく、内耳の機能もおちてしまい、難聴自体を治しにくくなるため、早めに治療をすることが望ましいです。

慢性中耳炎の治療では手術が根本的な治療

慢性中耳炎には二つの観点から治療を進めていく必要があります。
ひとつは耳漏をなくすこと。耳の中をしっかり掃除し、常に清潔な状態をキープするようにします。その後点耳薬を入れたり、抗生剤を飲んだりして自宅での治療で炎症を沈静化していきます。

しかし慢性中耳炎の場合は鼓膜穿孔が持続しており、繰り返して耳漏が続くことがあります。

そこで、手術が必要になります。鼓膜の穿孔を閉鎖する手術で治ることもありますが、中耳の骨(耳小骨)の動きが悪くなっている場合は耳小骨を修復する手術などを行い、聴力回復、耳漏の軽減をはかります。
鼓膜を形成する手術は局所麻酔を用い、日帰りで行うことができますが、耳小骨をさわる鼓室形成術の場合は数日入院が必要なことがあります。

参考
大阪大学大学院:慢性中耳炎に対する鼓室形成術の術後成績の検討

急性中耳炎と慢性中耳炎の違いを理解して治療しよう

急性中耳炎と慢性中耳炎のそれぞれの症状と治療法をご紹介いたしました。同じような病名でも特徴がそれぞれにありますので、しっかり理解して早めに治療に取り組むことが大切です。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム