ブログblog

後鼻漏の原因とその治療について

鼻水が絶えず鼻から喉へと流れ落ち、痰の絡みや喉の違和感、咳込みなどの症状を引き起こす「後鼻漏」。その原因の多くは副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎によるものです。今回は後鼻漏を引き起こす原因や治療法を詳しくご紹介します。

1.後鼻漏の原因は副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎によるものがほとんど

後鼻漏の原因は「副鼻腔炎(蓄膿症)」・「アレルギー性鼻炎」によるものがほとんどです。特に鼻水がにおう場合は副鼻腔炎、慢性的な鼻炎に悩まされている方はアレルギー性鼻炎によって後鼻漏が引き起こされている可能性が高いでしょう。

2.上咽頭炎でも後鼻漏の症状がおきることがある

鼻と喉の間に上咽頭と呼ばれる場所があります。ここにはリンパ組織がたくさんあり、風邪で炎症がおこりやすい場所になります。この上咽頭に炎症がおきると、鼻からのどへ粘度の高い分泌物が流れます。慢性炎症により、後鼻漏がでることがあります。

3.検査をしても異常がみられない後鼻漏

血液検査をしても、ファイバースコープの検査を受けても、CT検査をうけても異常を認めない後鼻漏もあります。医学的には説明がつかず、今のところは粘膜機能障害や感覚異常というカテゴリーで説明されることになります。

4.根本原因である副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎の治療が一般的

後鼻漏の原因のほとんどが副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎によるものです。そのため、まずは根本の原因となっている副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎を治療する必要があります。その主な治療法をご紹介します。

A: 投薬治療

まずは投薬治療を行うことが一般的です。副鼻腔炎は抗生物質、アレルギー性鼻炎は抗ヒスタミン薬などが処方されます。また、ネブライザー治療や生理食塩水による鼻洗浄を行うこともあり、軽い症状であればこれらで改善が見られます。

B: 手術治療

投薬治療での改善が見られない場合は手術治療を行います。入院手術が一般的ではありますが、最近では日帰り手術を行っているクリニックもあります。

a: 副鼻腔炎の手術

副鼻腔の開放を目的とした内視鏡下副鼻腔手術が行われます。内視鏡を使用し、状態に合わせて粘膜やポリープ、骨を除去する手術です。

b: アレルギー性鼻炎の手術

アレルギー性鼻炎は、その症状や重症度に合わせて以下のような手術を行います。
*鼻粘膜焼灼術:レーザー、ガス、電気によって鼻の粘膜を焼いて変性させることで鼻水の量を抑える方法です。
*粘膜下下鼻甲介骨切除術・下鼻甲介粘膜切除術:アレルギーの原因となる肥厚した下鼻甲介の骨を切除したり、粘膜を切除したりする方法です。
*後鼻神経切断術:知覚神経と分泌神経である後鼻神経を切断する方法です。

C: その他の方法

慢性上咽頭炎に対しては投薬や鼻洗浄、そして上咽頭を消毒するBスポット療法というものがあります。粘膜機能障害に対しては根治的な治療方法はなく、鼻洗浄が最も有効といわれています。また、感覚異常による後鼻漏に対しては安定剤や抗うつ剤などで軽快することがあります。

5. まとめ

まずは耳鼻咽喉科への受診が必要不可欠です。副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が原因であればその治療や手術を行うことで、結果的に後鼻漏の症状も改善されることがほとんどです。とはいえ、患者さんや症状の状態によってその原因や診断・治療法はさまざまですので、まずは耳鼻咽喉科への受診が必要不可欠です。上述した通り、日帰り手術を行っているクリニックもありますので、入院治療は難しい…という方はそちらもあわせて検討されるとよいかと思います。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム