ブログblog

めまいの種類から推測される病名とそれぞれの原因と症状

三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質……これらの器官はわたしたちのからだのバランスを保つ機能を持っています。そのため、どれか1つでも障害が起きてしまうと、めまいを起こす原因になります。
めまいの感じ方によってどの器官に障害があるのかある程度推測ができ、病気の早期発見につなげることが可能です。
ここでは、めまいの種類から推測される病名とそれぞれの原因と症状をご紹介します。

原因別・めまいの病気3つ

主に耳の病気が原因で起こる「回転性めまい」

めまいの中でも耳の病気が原因となって起こるものは回転性めまいになることが多いです。
感覚情報を耳に伝える三半規管、耳石器、前庭神経のいずれかに障害があるとこのタイプのめまいを起こします。しかしこの回転性めまいは、脳の病気でも起こりうるため、注意が必要です。

めまいの感じ方

ぐるぐると目が回る、自分自身が回っている、天井や壁など周囲が回る、天井や壁などが左右や上下に流れるように見える、体が傾くなど

回転性めまいで考えられる病気

病名 併発する症状
良性発作性頭位変換性めまい 動いたときにでるめまい
メニエール病 耳鳴り、難聴、激しいめまいを繰り返す
前庭神経炎 吐き気、嘔吐、激しい急性のめまい
突発性難聴 強い難聴、耳閉感、耳鳴、軽度のめまい
内耳炎・迷路炎 吐き気、難聴、嘔吐、眼振、中耳の炎症
脳幹梗塞 吐き気、顔面麻痺、難聴、耳鳴り

主に耳や脳の病気が原因で起こる「動揺性めまい」

回転性めまいよりもめまいの程度が軽い動揺性めまいは、耳の病気だけでなく脳の病気でも起こるため、軽視できません。

めまいの感じ方

頭がふらつく、体がグラグラする、歩いたときにふらつく

動揺性めまいで考えられる病気

病名 併発する症状
薬物の副作用 耳鳴り、歩行障害
聴神経腫瘍 耳鳴り、難聴、顔面けいれん、頭痛
脳幹・小脳梗塞 吐き気、顔面麻痺、注視麻痺、難聴、耳鳴り

症状の慢性期や心因性の症状で起こる「浮動性めまい」

病気が慢性期に入ると、浮動性めまいが起こりやすくなります。また、このタイプのめまいは加齢や心因性の疾患が原因でも起こります。

めまいの感じ方

体がふわふわとした感じがする、宙に浮いているよう、失神感がある、立ちくらみ、頭がふらふらする

浮動性めまいで考えられる病気

病名 併発する症状
パーキンソン病 ふるえ、血圧の低下、転倒、発汗
緊張性頭痛、肩こり うつ症状
多発神経炎 手足のしびれ、血圧の低下

めまいの原因は判断が難しい

めまいの原因は、今回ご紹介した病気以外にも考えられます。
体の器官には大きな異常はなく心因性によるめまいという可能性もあるため、めまいを感じたら早急に医療機関に相談することをおすすめします。

参考
順天堂大学医学部神経学講座:めまいとは?
日本神経治療学会:標準的神経治療 めまい
難病情報センター:パーキンソン病(指定難病6)
厚生労働省:頭痛

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム