ブログblog

いびきの原因は?その治療とは?

いびきはその音の大きさによっては周囲の人に迷惑になるだけではなく、間欠的ないびきは無呼吸をきたしている可能性があります。寝ている間に呼吸が止まると、高血圧や心疾患、脳卒中のリスクが上がるばかりではなく、日中の活動に制限をきたすようになります。その原因と治療方法について解説いたします。

1.いびきの原因について

いびきの原因にはいろいろあります。いくつかに分類して説明いたします。

1-1. 肥満

いびきの原因では最も多くみられます。肥満によって腹部脂肪が増加すると咽頭の脂肪も増加するために咽頭腔が狭くなります。睡眠中は咽頭腔を形成している筋肉が弛緩(ゆるむ)ためにさらに狭くなり、粘膜が振動していびきになります。

1-2. 鼻づまりがあり、口呼吸の方が楽な方

鼻がつまると、空気抵抗値が高くなり、いびきの原因となります。また、鼻づまりによって口呼吸になってしまうと下顎(したあご)が下がり、舌根沈下(舌がのどに向かって落ち込む)になることでいびきになります。

1-3. 扁桃肥大

のどの奥には口蓋扁桃、咽頭扁桃、舌根扁桃などのいろいろな扁桃腺があります。これらが大きいと咽頭腔が狭くなり、いびきの原因になります。

1-4. 顔面の形態によるもの

顎の小さい方や顔面骨が前後に小さい方、面長の顔の方は気道が狭く、いびきの原因になります。

1-5. アルコールの摂取

夜にアルコールを摂取することで咽頭を形成している筋が弛緩するために、いびきや無呼吸が増悪します。

2.いびきの治療

治療方法は、いびきの原因によっていろいろな方法があります。

2-1.生活習慣の改善

なんといってもダイエットが重要です。肥満を改善させると気道が広がるためにいびきは軽快します。また、夜間にアルコール摂取をすると筋肉が弛緩していびきの原因になりますので、飲酒を控えることも治療につながります。上を向いて寝ると咽喉腔は狭くなりますので、横を向いて寝るようにするのもいいでしょう。抱き枕をかかえて寝ると横を向けます。簡単なので試してみてもいいかもしれません。

2-2.耳鼻科で行う手術

鼻がつまる場合は鼻腔を広げる手術をすることでいびきが軽減することがあります。鼻腔を広げるには鼻粘膜焼灼術や鼻腔形態改善手術があります。適応に関してはかかりつけの耳鼻科の先生に相談をされるといいでしょう。
また、扁桃肥大がある場合は扁桃切除をすることで咽頭腔が広がり、いびきは軽快します。子供のいびき・無呼吸はほとんどが扁桃肥大が原因ですので、手術加療で劇的に改善することが多いです。咽頭腔が狭い場合は咽頭形成術といって、手術で咽頭腔を広げることがありますが、これは手術で必ずしも改善しないことがあるので、その適応は専門医に相談された方がいいでしょう。

2-3.歯科で行う治療

舌の奥(舌根部)が狭くなっていびきが生じている場合はスリープスプリント(マウスピース)を装用するといびきが軽減します。スリープスプリントは下顎を前方に引き出して上顎と固定することで咽頭腔が広がります。治療の適応になるかどうかは、睡眠時無呼吸症候群があるかどうか検査してから行います。

2-4.口腔外科で行う手術

顔面骨をさわる手術になります。下顎骨を前方に移動させたり、顔面骨を前方にひきだすような手術です。この手術をしている施設は限られています。

2-5.CPAP療法

睡眠時無呼吸症候群の中では最も治療効果が高い治療方法です。寝ているときに鼻や口から圧をかけて咽頭腔を広げる治療です。鼻がつまるとうまく圧がかからないので、先に鼻の通りを改善することが必要になります。

3.まとめ

いびきの原因とその治療法について簡単に解説しました。いびきだけなら積極的な治療は必要ありませんが、重症の睡眠時無呼吸症候群であれば治療が必要になります。簡単に自宅でできる検査もありますので、お悩みの方はかかりつけの先生に相談されるとよいかと思います。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム