ブログblog

アレルギー性鼻炎に使う薬にはどんなものがあるのか?

アレルギー性鼻炎のくしゃみ・はなみず・鼻づまりの症状は日常生活においては非常に不快であり、生活の質が下がります。学習に集中できない、夜間の睡眠が悪くなる、スポーツをするのに支障がでるなどの症状も伴います。アレルギー性鼻炎の薬は市販で購入できるものもありますが、病院で処方される薬も含め、どんな薬があるのか解説します。

1.アレルギー性鼻炎の機序

アレルギーをひきおこす物質、例えばスギ花粉やダニなどが鼻内に入るとケミカルメディエーターというものが鼻内に増えてきます。ケミカルメディエーターとは、細胞へ情報伝達する化学物質の総称で、いろいろなものがあります。このケミカルメディエーターが増えると、アレルギー性鼻炎の反応がでます。中でもヒスタミンといわれる物質はくしゃみや鼻水を誘導します。はなづまりにはいろいろなケミカルメディエーターが関与しています。

2.アレルギー性鼻炎の薬の種類

このケミカルメディエーターがでないようにしたり、増えてもそれに体が反応しないようにするのがアレルギー性鼻炎の薬になります。

2-1.抗ヒスタミン薬

最も多く使われている薬です。昔に作られたものを第1世代、その後に出てきたものを第2世代と呼ぶこともあります。大きな違いは、おそらく副作用だと思われます。眠けや口喝といった副作用が軽減されつつも、症状は改善できるというのが第二世代の抗ヒスタミン薬になります。

2-2.抗ロイコトリエン拮抗薬

ロイコトリエンはケミカルメディエーターの一つで、鼻づまりに主に影響します。抗ヒスタミン剤よりも鼻づまりには効果が高いといわれています。

2-3.Th2サイトカイン阻害薬

ケミカルメディエーターの中にTh2サイトカインというものがあり、くしゃみ・鼻水・鼻づまりに影響します。中でも鼻づまりに効果があるといわれていますが、単独では効果が弱く、他の薬剤と一緒に使われることが多いです。

2-4.ステロイド薬

ステロイドは抗炎症作用が非常に強く、アレルギー性鼻炎の薬の中でも症状を強く抑えることができます。鼻に直接いれる点鼻薬と内服する経口薬にわけられます。一般的には点鼻薬を使用しますが、点鼻薬でも症状の改善がみられない時は内服薬を処方することもあります。内服薬にはステロイドの副作用がでることがあるので注意が必要です。ステロイドの筋肉注射は鼻づまりに効果はありますが、全身的な副作用が出ることが多いためにその使用には制限があり、厳重な注意が必要です。

2-5.点鼻用血管収縮薬

鼻内の血管を収縮させると鼻づまりは一時的に解消されます。即効性があるために喜ばれる薬の一つですが、使用後はリバウンドで鼻づまりが悪化することがあり、10日ぐらいまでの試用にとどめる必要があります。連用すると薬剤性鼻炎といって、がんこな鼻づまりに悩まされることになります。

2-6.市販薬について

アレルギー性鼻炎として市販されているほとんどの内服薬には第一世代の抗ヒスタミン剤と、血管収縮剤(エフェドリン)が配合されていると思います。第一世代ということは、眠気や口喝がでることがあるので服用には注意が必要です。また、今は第二世代の抗ヒスタミン剤が市販薬で購入することができます。現時点ではアレグラFX、アレジオン、ストナリニZ、コンタックZ、クラリチンEXがあります。第2世代の方が値段は高く設定されています。いづれも、服用する際の注意をよく読んで購入することをお勧めします。
市販で販売されている外用剤の点鼻薬は血管収縮剤が入っていますので、即効性があります。上述したように、連用すると鼻づまりの悪循環から抜け出せなくなり、薬剤性鼻炎となりますので注意が必要です。

3.副作用について

抗ヒスタミン剤の大きな副作用は眠気、口喝になります。薬剤によっては運転は禁止するものから、注意にとどまるもの、制限がないものまであるので、処方された場合は薬局での確認が必要です。抗ロイコトリエン剤やTh2サイトカイン阻害剤は軽度ですが胃腸障害を起こすことがあります。ステロイドの点鼻薬はまれに鼻出血を起こしますので、注意が必要です。ステロイドの内服薬は、長期投与を続けると非常に多彩な副作用をおこしますので、使用量や期間はかかりつけの先生とよく相談をされるといいかと思います。

4.治療薬はどのように選べばいいのか?

アレルギー性鼻炎の症状はくしゃみ・はなみず・鼻づまりですが、症状の強さによって軽症から最重症まで分類することができます。鼻アレルギー診療ガイドラインに治療薬の選択方法が記載されており、これを参考に処方することが多いです。ただ、患者さんの環境、社会背景によって治療方法を選択することが必要ですので、どんな症状がつらいのか、どういったアレルギーをもっているのか、仕事の有無、運転の有無などをしっかりとかかりつけの先生と相談することが重要です。

5.子供の場合

子供の場合、くしゃみや鼻水が風邪をひいているのか、それとも本当にアレルギー性鼻炎なのかを鑑別をすることがまずは大事です。しかしながら乳幼児の場合は検査をしてもわからないこともあるために、まずは投薬をしてみて様子をみることもあります。使用する薬剤では第一世代の抗ヒスタミン剤は小児に適応があることが多いです。市販の薬にも入っていますが、眠気を引き起こすことがあるので注意が必要です。また、第一世代の抗ヒスタミン剤はけいれんを誘発するといわれていますので、特に熱性けいれんの既往のあるお子さんには注意が必要です。第2世代の抗ヒスタミン剤は年齢によっては服用できることもあります。抗ロイコトリエン剤は幼児からでも使用できるものがあります。

6.妊婦、授乳婦の場合

妊婦さんへの投薬は、妊娠5か月以内は胎児への影響がでることがあるので禁忌となっています。それ以降なら局所への投与にとどめるのが望ましいので、血管収縮剤の点鼻やステロイドの点鼻などがよいと思います。授乳婦への投与はMedication and Mother’s Milkという評価基準を参考にして投与することが多く、クラリチンが児への有害報告はないといわれています。

7.まとめ

アレルギー性鼻炎の治療薬について解説しました。医療費削減の流れに伴って第二世代の抗ヒスタミン剤が市販でも購入することができるようになってきました。しかしながら病院で処方される薬にはいろいろな種類があり、患者さんの病態や社会背景によって処方内容を変えることができます。なかなかアレルギー性鼻炎の症状が改善しない場合や、薬で眠気などの副作用がでてしまう方は医療機関への受診をして相談されるといいかと思います。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム