ブログblog

耳が聞こえない、難聴とは?またその原因について解説します。

さまざまな疾患によって耳が聞こえなくなる、いわゆる難聴になります。外界の情報をキャッチする五感の一つが障害されると、程度によっては日常生活に支障をきたしてしまいます。聞こえのメカニズムと、難聴の原因について解説します。

1.聞こえのメカニズム

音は物質の振動であり、この振動が外耳から鼓膜、中耳、耳小骨へと伝わります。ここまでは音の振動が物理的に伝わる部位で、「伝音性」といいます。耳小骨から内耳へと振動が伝わると、内耳でこの振動が電気信号に変換されます。この部位を「感音性」といいます。内耳で変換された電気信号が神経を通じて脳へと伝えられて音として認識することができます。それぞれの部位での難聴を伝音声難聴、感音性難聴と呼び、どちらもミックスした場合は混合性難聴と呼びます。

2.難聴の原因は?

難聴は様々な疾患でおこります。いくつかに分類して説明します。

2-1. 伝音性難聴

外耳、中耳での障害でおこる難聴をいいます。

2-1-1. 外耳の疾患

a. 先天性外耳道閉鎖症

外耳道の発生学的な異常によって生まれつき外耳道がなく、閉鎖していることがあります。外耳道が閉鎖していると音が中耳へ伝わらないために、難聴をきたします。

b. 外耳道狭窄症

外耳道に慢性的に刺激を加えると外耳道が狭窄して、難聴をきたすことがあります。みみかきのし過ぎや、耳に水が何度も入るサーファーなどでみられます。

c. 外耳道異物

外耳道内に異物があると、難聴になります。子供でよくみられます。消しゴム、テッシュ、おもちゃやBB弾などが多くみられますが、昆虫が入ることもあります。

d. 耳垢栓塞

いわゆる「みみあか」です。少量の耳垢なら難聴にはなりませんが、外耳道をふさぐぐらいの耳垢がたまると難聴になります。

2-1-2. 中耳の疾患

a. 急性中耳炎

中耳の急性の炎症です。ウィルス感染、細菌感染でおこります。子供に多くみられます。痛みがあるのが特徴です。

b. 慢性中耳炎

中耳の炎症が長引くと鼓膜に穴があき、みみだれが持続します。慢性の炎症になるとこれらの症状が繰り返し起こります。

c. 滲出性中耳炎

中耳の中は鼻の奥と空気の換気をしています。換気している管を耳管といい、これが閉塞すると中耳の換気が行われなくなります。換気が適切におこなわれないと、中耳の空気が消失して陰圧となり、自分の体液である浸出液が中耳の中にたまってしまいます。

d. 真珠腫性中耳炎

外耳道から鼓膜の表面は皮膚と同じ組織でできています。皮膚は常に垢を作っており、通常は耳垢として外に出てきますが、この皮膚の組織が中耳に入り込むとこの病気になります。生まれつき中耳の中に皮膚が入ってしまったら先天性真珠腫といいます。垢が外に出なくなり、中で拡大していきます。拡大する際に周囲の骨を溶かして、耳の奥の重要な神経を障害したり、脳に入り込んだりします。

e. 癒着性中耳炎

中耳の換気障害により、鼓膜が中耳側へひっぱられ、中耳の壁とひっつきます(癒着)。ひどくなると癒着した部位に耳垢がたまり、癒着性真珠腫となることがあります。

f. 結核性中耳炎

まれですが、結核菌が中耳に入り込んで炎症を起こすことがあります。診断が非常につきにくい疾患です。なかなか治りにくい中耳炎(難治性中耳炎)で、この疾患の鑑別を要します。増悪すると顔面神経麻痺をきたすこともあります。

g. 好酸球性中耳炎

好酸球は生体を防御している血球の一つですが、強く組織を障害する力をもっています。原因はまだ解明されていませんが、中耳の中に好酸球がたくさん集まり、炎症をひきおこしてしまうことがあります。好酸球性副鼻腔炎を合併することが多く、その際は指定難病扱いとなります。

h. 耳小骨離断

中耳には音を伝える耳小骨という小さい骨が3つあります。それぞれが繋がっていますが、外傷などが原因で耳小骨のつながりがはずれてしまうことがあります。

i. 耳硬化症

中耳にある耳小骨のつながりが固くなってしまう病気です。固くなれば振動を奥に伝えることができなくなります。徐々に進行することが多いです。

j. 鼓室硬化症

慢性の炎症を繰り返すと、中耳の中に組織の塊(肉芽)ができます。その状態で炎症をさらに繰り返すと組織の塊が石灰化して固くなります。これが耳小骨の連鎖を固くしてしまい、難聴をきたします。

k. 耳小骨奇形

耳小骨の発生異常による先天性の奇形です。鼓膜から内耳へとうまく音を伝えることができず、難聴になります。

l. 外傷性鼓膜穿孔

耳かきや綿棒で耳をついてしまったとき、また耳をたたかれたり、急に圧がかかったときに鼓膜に穴があきます。鼓膜の振動がおちますので、難聴になります。

m. 耳管開放症

中耳と鼻腔をつなぎ、換気をしている耳管という管は通常は閉鎖しています。体重減少、顎関節症、妊娠などが契機として耳管が閉鎖しなくなって、開いたままになることがあります。音の振動を鼓膜がうまくひろうことができなくなり、耳閉感とともに軽度の難聴をきたすことがあります。

2-1-3. 内耳の疾患

内耳とそれより脳への伝達障害(後迷路性、中枢性)でおこる難聴をいいます。

a. 突発性難聴

原因が不明の突然生じる難聴です。いろいろな説はありますが、まだ詳しいことはわかっておらず、確立された治療方法もありません。めまいを伴うこともあります。

b. メニエール病

内耳にはリンパ液が入っています。このリンパ液が増えすぎて、内耳に圧がかかるとめまいと難聴になります。

c. 外リンパ瘻

内耳のリンパ液がもれてしまう病気です。とくに誘因なく漏れる場合、外傷や過度のいきみ、強いはなかみなどが誘因となってリンパ液が漏れる場合があります。

d. 聴神経腫瘍

内耳から脳へ神経がのびています。この神経を聴神経といい、良性の腫瘍ができることがあります。非常にゆっくりと難聴が進行します。突発性難聴を契機に発見されることもあります。

e. ハント症候群

ヘルペスウィスルが感染すると内耳障害をおこします。難聴に加え、めまい、顔面神経麻痺も生じます。難聴のみや、顔面神経麻痺のみしかきたさないこともあります。

f. 薬剤性難聴

内耳に毒性のある薬物の投与で難聴になります。ある種の抗生剤や抗癌剤などが内耳毒性があることが知られています。

g. 加齢性難聴

誰しも年をとると難聴になります。内耳の中に音を拾う細胞(有毛細胞)があたかもピアノの鍵盤のように並んでいますが、年をとるとこの細胞が消失してピアノの鍵盤が抜け落ちたようになります。この細胞は再生することはありません。

h. 騒音性難聴

一瞬でもとても大きい音を聞いた場合(ピストルの音など)、また持続的に大きい音を聞いた場合(コンサートや騒音下で長期間仕事をしている場合)に難聴になります。これも内耳の有毛細胞が消失して難聴になります。

i. 遺伝性難聴

遺伝的に内耳の形態異常をきたしたり、有毛細胞が正常に機能しなくなってしまう疾患です。いろいろな遺伝子異常で難聴になることがわかってきています。

j. 髄膜炎

髄膜炎をおこすと内耳の中も炎症をおこして難聴になることがあります。炎症が収まっても内耳の中が固くなってしまい、高度の難聴が残ることがあります。

k. 流行性耳下腺炎、中耳炎性内耳炎、ウィルス性内耳炎

いわゆる「おたふく」をきたすムンプスウィルスや、ひどい中耳炎が内耳まで炎症が波及した場合に難聴になります。流行性耳下腺炎に伴う難聴は重度難聴になることが多く、予防をすることが重要になります。

l. 側頭骨骨折

交通事故などのいわゆる頭部外傷によって、頭蓋骨の一部である側頭骨が骨折することがあります。側頭骨の中に内耳があり、内耳障害をきたします。意識障害を伴っていることが多いので、まずは救命処置が優先され、その後に難聴がわかることが多いです。

3.まとめ

きこえの仕組みと難聴をきたす疾患について解説しました。難聴をきたす疾患は数多くあり、誘因がはっきりしていないと専門医でも原因がわからないこともあります。治療方法は原因によって異なりますが、難聴を発症して早期に治療しないと治らないこともありますので、自分で判断せずに早めにかかりつけの耳鼻科の先生に相談されるとよいかと思います。

前の記事 次の記事
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日/木曜、日曜・祝日

お電話での診療予約

WEBからの診療予約診療予約システム

携帯・スマホでのWEB予約はこちら

ウェブ予約システム